風俗のアルバイトを栄町のデリヘルで体験。昼間の仕事と違い予想外や想定外が多く人気の女の子へは気遣いもかなり大変な仕事ですね。その中でも女性の待機所などには様々なルールがありました。

栄町デリヘルでは待機所にルールがあった

栄町デリヘルの送迎ドライバーをしてみた

栄町デリヘルでは送迎車に用意する女の子への補充備品

投稿日:2015年11月27日 更新日:

栄町デリヘルで女の子を送る送迎先って一般的にはラブホテル、ビジネスホテル、お客の自宅という感じで例外はごく一部という感じでしょうか。

栄町で人気のあるデリヘル嬢になると、店に出勤してからはお客様からお客様へとずっと予約で埋まっています。移動時間以外は全て接客時間で出勤している数時間を体力の続く限り頑張っているって事ですねw

栄町デリヘルでは送迎車に用意する女の子への補充備品

ビジネスホテルのお客様はシングルルームである事が多いだけにバスタオルは一つしかないんです。またお客様の自宅の場合は一人暮らしとも限らないし衛生面や清潔面も判らないのでバスタオルを持参するんです。

つまり多忙時に事務所に戻ってバスタオルを持ってくるなどは時間的にも無いので、数枚のバスタオルは送迎車に常備してあるんですね♪

もちろん送迎車の常備品はバスタオルだけではありません。
ローションボトル、グリンスボトル、イソジンボトル、バスタオル、ローターなどが常備品となります。

女の子を後部座席に乗せるので、灰皿、無臭の消臭剤、ティッシュボックス、簡易ゴミ箱、スマホの充電器等を装備。後部座席の窓はスモーク仕様といった具合です。

さらに状況次第で『女の子がお釣りがない』と連絡が来る場合もあるので、1000円札を10枚は必ず所持しています。
つまり、送迎ドライバーと言えどもお釣りを届けるなどでビジネスホテルの客室のドアをノックして、少しだけ開いたドアから女の子の手がニョキって出てきて、お金を渡してからそそくさと車に戻るというのも意外と多いですね。

送迎ドライバーをしている時、いつも心で思っていたのは『女の子のヘルプコール』だけは勘弁してくれと祈っていました。簡単に言えば万が一お客が無茶をして女の子に危害を加えた場合、女の子から栄町のデリヘル店へ電話が行きます。

女の子の安全確保の為に駆けつけ、お客が逃げない様にするのも最短で現場に駆けつけられるのは送迎ドライバーだけに、トラブルは早々無いとは聞いていても、心のどこかで『女の子が無事に帰ってきますように』と願っていたのも確かです。

栄町デリヘルでは利用する側も働く側も安心して利用できるほうが良いに決まっていますからね。
見ず知らずの男と女の一対一で緊張しないはずがありませんから。緊張するのは一緒なんですね、しかしそんなガチガチに固まった心と体をほぐしてくれるのは彼女たちだけとも言えます。

栄町デリヘルで働く女の子達を幾度となく送迎していると当然仲良くなり『ちょっとコンビにに寄ってくれますか』とかのタイミングでコーヒーとか差し入れしてくれるのは本当にありがたいですね。

たかがコーヒーと思うかもしれませんが遠方送迎で長時間待機してたり、馴れない新人の女の子から相談うけて気遣いしたりする事もあって、コーヒーの差し入れとか貰うと気持ちもちょっとほぐれて嬉しいなって思う事も多々ありますね、それだけに栄町デリヘルで送迎ドライバーをする時は女の子を送るだけって考えだけでなく、女の子がどんな時でも困らない様にと補充品のチェックなんかもしっかりしておくべきだなって思います。

-栄町デリヘルの送迎ドライバーをしてみた

Copyright© 栄町デリヘルでは待機所にルールがあった , 2017 AllRights Reserved.