風俗のアルバイトを栄町のデリヘルで体験。昼間の仕事と違い予想外や想定外が多く人気の女の子へは気遣いもかなり大変な仕事ですね。その中でも女性の待機所などには様々なルールがありました。

栄町デリヘルでは待機所にルールがあった

デリヘル嬢の心得

デリヘルで人気嬢として稼ぐ為のコツ

投稿日:

デリヘルで人気嬢として稼ぐ為のコツデリヘル嬢なら誰だって稼ぎたいから働いているといって間違いないです、しかし満足に稼ぐためにはリピーターを多数集める人気嬢とならなければならないですよね。

男性客から魅力的に感じる女性というのは容姿やスタイルも重要ですが、どんなに可愛くても神経質すぎたり態度が悪ければリピーターにはならない様に、風俗業界であれば普通レベルの女性でも人気嬢として稼げるチャンスがあるものです。

雰囲気がわかる写真が人気嬢の絶対条件

雰囲気がわかる写真が人気嬢の絶対条件デリヘルはSMなどの専門店もあれば、学園系などのイメージやシチュエーションを大事にするお店まで趣向を凝らした風俗店も珍しくありません。

そういった趣旨のあるお店ならば、写真撮影も楽ですが一般のデリヘル店では特別的な売りがないので、女性の魅力で勝負するしか方法がないのです。

例えば若い女性のデリヘルで、お澄まし顔と笑顔の2人がいれば、確実に笑顔の女性が売れるものです、これは顔出しなどをしなくても口元だけでも笑顔なのが判るために、若い女性とイチャイチャ楽しい時間を過ごしたいと男性客が考えている為であり、どんなに見事なスタイルの女性が綺麗な写真を撮っても、笑顔に勝る雰囲気作りのが確実に人気嬢となれるのです。

テレビや映画で無表情や台詞が棒読みの大根役者より、オーラを纏った役者は際立って見える様に、デリヘルでは無表情よりも笑顔で撮影するだけで、雰囲気を伝える事ができるという事です。

写真は男性客がイメージする大事な役割があるので、エロい写真を見ればプレイの要望としてハードルが高くなるし、太っていると思えば避けるという傾向になるなど、写真によって集まる客層も違ってくる場合もあるという事ですね。

あとデリヘルの写真で大事なのが、女性が選ぶと綺麗な写真を選んでしまうのですが、男性目線と女性目線ではイメージするものが大きな誤差がある為に、単純に綺麗な写真だけでは意外とお客様は女性が思うよりも少ない場合が多いのではないでしょうか。

写真撮影ではポーズも重要で、太っている女性でも遠近感を利用したポーズ次第で驚く程に痩せているイメージの写真を作り上げる事もできますし、ポーズで女性の雰囲気を感じとる事もできるのです。

プロカメラマンを採用しているお店もあれば、店長がテキトーに撮影するお店もあるのですが、写真は商品イメージを格段に上げるツールとも言えるだけに、写真に困ったらデリヘル情報で人気嬢を比較して、お気に入りの写真をピックアップしてポーズをマネしてみるのが稼げる人気嬢の第一歩だと思います。

太っている女性は二の腕を見ただけでも判るので、身体の中心よりも後ろ側に手を配置する事で遠近感により細い腕を演出する事が出来ますし、足を伸ばして足元から低い体制で撮影すれば、すらりと細長い足を演出する効果もあるだけに、ポーズを活かせるカメラの配置にも気遣ってみては如何でしょうか。

デリヘルの本指名率を上げる対策

デリヘルの本指名率を上げる対策接客技術ですが、基本となるのは『素を出さない事』になり、何度も足を運ぶ本指名客に対しても出来る限り素のイメージは見せない様に考慮すべきです。

デリヘル嬢は接客時間中は理想的な女性を演じる事で、男性客は良い女性と出会えたと満足し、また逢いたいと思う事からリピーターになっていくのです、それだけに男性客は最初は初対面だけどもっとその女性を知りたいと考えて通うのですが、男性客が想定しているのは演じている女性の延長線上のイメージであり、本当の意味での素では決してありません。

素を見せてしまえば夢も覚めますので、頻繫に通ってくる事はないとも言えるのです。

個人差があるので一概にとはいいませんが、男性が勝手に考えている目線というのは、清楚系で大人しい女性ならば、素は明るくてちょっとドジな子というのが無難でしょうし、ロリ系ならば笑顔でほんわかしていれば大丈夫です(笑

そして気遣いは相手への配慮が大前提となり、男性にとっては小さな気遣いであっても嬉しい物ですね、あとは男性客の気遣いにちゃんと『ありがとう』とか、しっかりと相手の行動を見て把握できる事が重要です、気付いていても言葉足らずでは駄目で、ちゃんと言葉で表現するのが一番良い方法です。

小さな事でも女性が喜ぶ姿って、男性からすれば自分の好意を受け取ってくれたと感じるだけにかなり嬉しいものなのです、小さな事の積み重ねは男性客から見て理想の女性像という性格面として認識するものかもしれません。

キャバクラ営業もデリヘルでは一つの方法

キャバクラ営業もデリヘルでは一つの方法キャバ嬢ってお店に出勤したら名刺交換したお客に電話で営業をかけて誘い出すという手法をするのですが、男性というのは営業と判っていても鼻の下を伸ばして通う方が多いのは間違いないですよね。

しかし、デリヘルであからさまに誘ってしまえば、当然の様に本番を求められたりするもので、キャバ嬢と全く同じ手法という訳にも行きません。

デリヘル嬢をしていれば、電話番号やメルアドなど個人連絡先を聞いてくるお客様は多数いますが、そのほとんどはお店を通さずにプライベートでお酒でも飲ませたら風俗嬢なんだからホテルへ誘えば簡単と考えている男性ばかりです。

そこで、初対面の男性ならば確実に最初は断るのですが、良い印象のお客様ならば次回なら教えるかもという雰囲気だけは残しておきます、この方法で次回のリピーターが確保できますよね。

教える携帯電話やメルアドは、デリヘル専用の2台目として別途に契約して所持しておき、可愛いストラップの一つでも着けて置くのです。

デリヘル専用の携帯電話を維持していくには当然毎月の維持費が掛かりますが、リピーターの1人でもくればそれで十分に採算があうはずです、個人用ではなく仕事専用と割り切れるからこそ連絡先を教える事ができるという訳ですよね。

そしてお仕事専用の携帯電話は、電話番号ではなく、出来るならばメルアドやLINE程度が好ましく、番号交換の際には、1人暮らしであっても『家族と暮らしている』と伝え、仕事の関係ですぐに返信できない事が多いけどと、ちゃんと伝えておくのが大事です。

メールなどのやりとりは、日常的な『お仕事がんばってね』とか『凄いね!』など、自分の事よりも男性客の事を褒めたり励ましたりする方向性に徹するのが大事なんです。

興味のない事であっても、男性と同じ目線で興味を示すという方向性でいれば、理解してくれる大事な存在と認識してくれるので、お金や時間に余裕があれば逢いに来てくれますので、安定したリピーターになってくれるという訳です。

-デリヘル嬢の心得

Copyright© 栄町デリヘルでは待機所にルールがあった , 2017 AllRights Reserved.